手裁ち 版押し 革漉き コーナー手漉き
手裁ち 版押し 革漉き コーナー手漉き
パーツごとに包丁を使い型紙に沿って革を裁断。 泊押し機で刻印の入るパーツ部分に一枚一枚、丁寧刻印が押される。 パーツを組み合わせた時に余分な厚みを持たせないよう、革漉き機でコバ(縁)部分を漉く。 菊寄せなど美しく仕上げるために革漉きをしたあと、さらにコーナー部分に手漉きをする。0.04mm(新聞紙厚)を半分の0.02mmにする技術力が駆使される。
張り合わせ 糊引き へり返し 菊寄せ
張り合わせ 糊引き へり返し 菊寄せ
パーツを均等に張り合わせる。 へり返す部分に革小物に適した水性糊を付着させる。 糊引きしたへり部分を被せるように均等幅で折っていく。 コーナーの部分を菊の花びらのように丁寧にきさみを入れる技術。
パーツ組み合わせ ミシン掛け 糸止め ネン引き
パーツ組み合わせ ミシン掛け 糸止め ネン引き
ミシン掛け前のパーツ。 各パーツを縫い合わせる。 ミシン掛け後の糸始末。糸止め用コテで玉状にして止める。 商品の全体を引き締め、美しい仕上がり感にするため、熱コテで一本ネン、玉ネンを引く仕上げの技術。
コバ鉋掛け 目止め 道具
コバ鉋掛け 目止め コバ塗り 道具
コバ(切断面の切り目)部分を美しくするため、段が付かないように、均一に鉋をかけていく。 鉋掛けの後、さらに段を滑らかにするために目止め液を塗布。均一な圧をかけて擦っていく。 顔料をコバ部分に塗布。ヤスリ掛け〜顔料塗布を何度も繰り返し、合わせ部分を目立たなくしていく。 職人が工夫して繊細な作業にができるよう、道具を削り自作していく。

写真提供:メンズブランド/ウィズマン